HOME カートをみる マイページ ご利用案内 N Drive SHOPとは お問い合わせ
 

豆皿 Shou ~つくり手 KANEAKI SAKAI POTTERY ~ pick up

暮らしの道具として使い続けられる普遍的なデザイン ~作り手 KANEAKI SAKAI POTTERY~

■ お客様の声

おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ ちゃこ様 2017-01-23
KANEAKI SAKAI POTTERY 様の蔵出しに伺い、この豆皿とコーヒーカップを購入して、使ってみると!その使い良さと可愛さに惚れてしまい、KANEAKI SAKAI POTTERY さんのhpからこちらのお店を知り、購入しました。
丁寧な梱包、心のこもったメッセージで、この器を使う度に安らぎを得られそうです。
有難うございました。

又、色々な器を購入したいです。

豆皿 Shou ~つくり手 KANEAKI SAKAI POTTERY ~

価格:

880円 (税抜 800円)

購入数:

Design

在庫

購入

【1】白地に紺1線

在庫切れ

入荷連絡を希望

【2】白地に紺2線

在庫わずか

【3】白地に紺太線

在庫切れ

入荷連絡を希望

【4】白地に紺丸1線

在庫切れ

入荷連絡を希望

【5】紺地に白1線

在庫切れ

入荷連絡を希望

【6】紺地に白2線

在庫切れ

入荷連絡を希望

【7】紺地に白縞

在庫切れ

入荷連絡を希望

【8】白地に紺縞

在庫切れ

入荷連絡を希望
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

たくさん並べてテーブルコーデを楽しみたい豆皿

豆皿 Shou ~つくり手 KANEAKI SAKAI POTTERY ~
【1】白地に紺1線
豆皿 Shou ~つくり手 KANEAKI SAKAI POTTERY ~
【2】白地に紺2線
豆皿 Shou ~つくり手 KANEAKI SAKAI POTTERY ~
【3】白地に紺太線
豆皿 Shou ~つくり手 KANEAKI SAKAI POTTERY ~
【4】白地に紺丸1線
豆皿 Shou ~つくり手 KANEAKI SAKAI POTTERY ~
【5】紺地に白1線
豆皿 Shou ~つくり手 KANEAKI SAKAI POTTERY ~
【6】紺地に白2線
豆皿 Shou ~つくり手 KANEAKI SAKAI POTTERY ~
【7】紺地に白縞
豆皿 Shou ~つくり手 KANEAKI SAKAI POTTERY ~
【8】白地に紺縞
白と藍色のさわやかな組み合わせの豆皿です。香物や惣菜を少量ずつ盛り付けて、朝食や夕飯の食卓に。焼き菓子や豆菓子など、好みのスイーツをのせてティータイムのお供にも最適。柄違いの豆皿を揃えて組み合わせを考えると、少人数の食卓でも、ぐっと華やかに。テーブルコーディネートが楽しくなります。

■Variation:1(白地に紺1線)/2(白地に紺2線)/3(白地に紺太線)/4(白地に紺丸1線)/5(紺地に白1線)/6(紺地に白2線)/7(紺地に白縞)/8(白地に紺縞)
■ Size:Φ約110mm×H約19mm
■ Material:陶器

※手作りのため、ゆがみや色むらなどがあります。サイズ表記は目安です。

豆皿 Shou ~つくり手 KANEAKI SAKAI POTTERY ~

価格:

880円 (税抜 800円)

購入数:

Design

在庫

購入

【1】白地に紺1線

在庫切れ

入荷連絡を希望

【2】白地に紺2線

在庫わずか

【3】白地に紺太線

在庫切れ

入荷連絡を希望

【4】白地に紺丸1線

在庫切れ

入荷連絡を希望

【5】紺地に白1線

在庫切れ

入荷連絡を希望

【6】紺地に白2線

在庫切れ

入荷連絡を希望

【7】紺地に白縞

在庫切れ

入荷連絡を希望

【8】白地に紺縞

在庫切れ

入荷連絡を希望
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

商品のつくり手について

KANEAKI SAKAI POTTERY ~暮らしの道具として使い続けられる普遍的なデザイン~【岐阜県土岐市】
美濃焼の一大産地である土岐市に生まれた新ブランド「KANEAKI SAKAI POTTERY」。100年を超える歴史ある工場、金秋酒井製陶所が、美濃焼の次世代に光を当てようと、2人の若き女性陶芸家と共に取り組むブランドです。 伝統技術や先人から受け継がれる製陶所のノウハウを基に、みずみずしい感性によって生み出される作品たち。「よどみなく、ひっかかりのない形が好き。きれいでありながら、手作りでないとできないものを」と語る河野季菜子さんの器は、しっとりとやわらかい手ざわりで、洗練されたデザインが印象的。「カッコイイだけではなく、違和感なく人の暮らしに溶け込む器を作りたい」と話す岸さんは、馴染みのある形の器でありながら、色使いや柄で愛らしさを感じさせます。

ページトップへ