HOME カートをみる マイページ ご利用案内 N Drive SHOPとは お問い合わせ
 

型染めの椅子敷き(小)<市松(縞布)>/ 山内武志さん(山内染色工房・アトリエぬいや) 静岡県浜松市 クッション 座布団 チェアマット NEWpick up

山内武志 椅子敷き

型染めの椅子敷き(小)<市松(縞布)>/ 山内武志さん(山内染色工房・アトリエぬいや) 静岡県浜松市 クッション 座布団 チェアマット

価格:

6,600円 (税抜 6,000円)

購入数:

color

在庫

購入

墨(すみ) グレイ

在庫わずか

浅縹(あさはなだ) グレイッシュな薄いグリーン

在庫わずか

江戸茶(えどちゃ) 明るいブラウン

在庫あり

濃紺(のうこん)

在庫あり

朱(あけ)

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

さりげなく日々に寄り添う型染めの椅子敷き

山内武志 椅子敷き 山内武志 椅子敷き 山内武志 椅子敷き 山内武志 椅子敷き 山内武志 椅子敷き 山内武志 椅子敷き

山内武志さんの2022年のテーマの一つは、縞布に染める、だそうです。 自ら藍で染めた糸を織屋に持ち込んで、縞布に仕立て、その布に型染めすることで、縦糸とかたちの融合をいろいろ試してみたい、と話されていました。 自ら「織物マニア」という山内さんのこだわりが詰まった作品です。

濃藍の細い縞布に染められた市松模様。定番ですが馴染みやすく使いやすいと、とても人気の型。毎日飽きずにお使いいただける一枚です。


気軽に取り入れてほしい型染めの暮らし品

それまでの長年の経験がその域に辿り着いたことを感じとれるような、美しく現代的なシリーズです。はっとするような、線と色の組み合わせですが、主張があるというより空間を引き立たせます。誠実な仕事ぶりを感じる山内さんの型染めの暮らし品は、豊かに過ごす時間をつくりだしてくれます。
高級自動車のシートに採用しているというウールのニードルフェルトをクッション材に使用しており、座り心地抜群。使い手のことを考え抜いた材料が選ばれています。



■size:約34cm×約38cm
■material:木綿100%

※汗や摩擦により色移りする場合があります。
※サイズは目安で、一枚一枚ばらつきがあります。
※手染めのため、画像との色の違いや色ムラがある場合があります。
※日光に長時間あたると、色あせが発生します。
※お手入れは、固くしぼった布巾で軽く拭いてください。週2~3回のお手入れで十分きれいを保てます。

型染めの椅子敷き(小)<市松(縞布)>/ 山内武志さん(山内染色工房・アトリエぬいや) 静岡県浜松市 クッション 座布団 チェアマット

価格:

6,600円 (税抜 6,000円)

購入数:

color

在庫

購入

墨(すみ) グレイ

在庫わずか

浅縹(あさはなだ) グレイッシュな薄いグリーン

在庫わずか

江戸茶(えどちゃ) 明るいブラウン

在庫あり

濃紺(のうこん)

在庫あり

朱(あけ)

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

商品のつくり手について

山内染色工房 From静岡県浜松市

伝統の型染めで生み出されるモダンな模様のテキスタイル

明治から大正時代にかけて、型染めの産地として知られていた浜松。天竜川を水源とした豊富な清水に恵まれ、山風が吹くこの地は、洗いと乾燥が鍵を握る染め物にとって絶好の場所です。この浜松で型紙づくり、染め、色止め、洗いなど気の遠くなるような作業を要する伝統的な型染めの技法を今も守り続けるのが、浜松に工房を構える染色家の山内武志さんです。
紺屋を営む家に生まれた山内さんは、人間国宝の染色家・故芹沢けい介氏に師事して技の研さんを積むと共に、感性に磨きをかけ、独自の世界観を確立させます。
「すべての工程がおろそかにできないんです」と語る通り、一つひとつの工程に対して、一切の妥協を挟まないそのていねいな手仕事ぶりには、伝統工芸を生み出した先人たちへの敬意と、浜松の染め文化に対する誇りが感じられます。
そんな山内さんが生み出す布製品は、伝統的な型染めならではのやさしい肌ざわりや通気性の良さ、色の鮮やかさはそのままに、現代の暮らしにも馴染むモダンなデザインが魅力。丸や四角を組み合わせた幾何学模様や伝統の和柄をアレンジしたぬくもり感あふれる柄は、つい手に取ってみたくなる愛らしさに満ちています。色とりどりの染め物たちが、暮らしを楽しく彩ってくれます。

[N Drive 創刊号 静岡いろは掲載店]

商品のストーリーはこちら

ページトップへ