HOME カートをみる マイページ ご利用案内 N Drive SHOPとは お問い合わせ
 

再入荷) マグカップ(コーヒーカップ・ティーカップ) / 河内啓さん (岐阜県土岐市) NEWpick up

マグカップ 〜作り手 河内 啓さん(岐阜県土岐市)〜

再入荷) マグカップ(コーヒーカップ・ティーカップ) / 河内啓さん (岐阜県土岐市)

価格:

2,900円 (税抜 2,686円) 3,300円 (税抜 3,056円)

購入数:

color

価格

在庫

購入

ルリ釉

3,300円 (税抜 3,056円)

在庫わずか

アメ釉

2,900円 (税抜 2,686円)

在庫あり

黒ビードロ釉

2,900円 (税抜 2,686円)

在庫わずか

乳白釉

2,900円 (税抜 2,686円)

在庫切れ

入荷連絡を希望

ビードロ釉

2,900円 (税抜 2,686円)

在庫わずか

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

さりげなさのなかにも、ゆるぎない存在感を食卓に

フリーカップ 〜作り手 河内 啓さん(岐阜県土岐市)〜
マグカップ
マグカップ 〜作り手 河内 啓さん(岐阜県土岐市)〜
マグカップ 〜作り手 河内 啓さん(岐阜県土岐市)〜
マグカップ 〜作り手 河内 啓さん(岐阜県土岐市)〜

「陶は人にとって、自然との間を取り持つ素材」という河内啓さん。土から生まれ出たような、素直な色、かたち、手ざわり。釉薬の流れも一つひとつ異なり、表情があります。

見上げる夜空のような深い濃紺の「ルリ釉」、モダンな洋の雰囲気ある「アメ釉」、大人な存在感を感じさせながら、持ち手のみ色を変えた、凝ったつくりの「黒ビードロ釉」、雨上がりの日の若葉を思わせる「ビードロ釉」をラインナップ。気取らず、それでいて背筋が少し伸びるような普段使いのうつわです。



「民藝」の信念が宿る、心を惹きつける普段づかいのうつわ

安定感のある取っ手や口当たりのカーブ、緩やかなくびれのある胴..。ろくろびきのよさを自然に引き出し、自らも珈琲好きという河内さんらしい、珈琲好きのためのマグカップ。何年もそこにあったかのようになじみながらも、ゆるぎない存在感で、くつろぎの時間を豊かに演出します。

■color:ルリ釉/アメ釉/黒ビードロ釉/白釉/ビードロ釉
■size:φ80mm×h75mm(手作りですので多少変わります)
■material:陶器

※手作りのため、ゆがみや色むらなどがあります。
※一点ごとに焼き上がりが異なるため、色合いなどが写真と異なる場合があります。
※重さや大きさには個体差があります。サイズ表記は目安です。
※電子レンジは、あたため程度の使用は可能です。
※食洗機は、器同士がぶつからない様に固定してお使いください。
※オーブン・直火のご使用は避けてください。

再入荷) マグカップ(コーヒーカップ・ティーカップ) / 河内啓さん (岐阜県土岐市)

価格:

2,900円 (税抜 2,686円) 3,300円 (税抜 3,056円)

購入数:

color

価格

在庫

購入

ルリ釉

3,300円 (税抜 3,056円)

在庫わずか

アメ釉

2,900円 (税抜 2,686円)

在庫あり

黒ビードロ釉

2,900円 (税抜 2,686円)

在庫わずか

乳白釉

2,900円 (税抜 2,686円)

在庫切れ

入荷連絡を希望

ビードロ釉

2,900円 (税抜 2,686円)

在庫わずか

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

商品のつくり手について

〜作り手 河内 啓さん(岐阜県土岐市)〜

会社員から一転、土岐市へ移り、陶芸家に。

もともとは美大を目指していた、河内 啓さん。一度は夢を諦め、一般企業に就職した彼だが、地元・静岡市で陶芸家の平嶌康正さんとの出会いをきっかけに陶芸の道を志すことになったという。

「やっぱり産地で勉強した方がいい。やる気があるのなら受けてみたら?」という一言に触発され、一念発起。愛知県瀬戸市の養成校に1年通い、その後、岐阜県土岐市駄知町の窯場で約6年経験を積んだのち、陶芸家として独立した。土岐市内に自身の窯を持ってから、14年が経つという。日本でも有数の窯場として知られる、土岐〜多治見エリアには、多数の作家が住んでおり、同志たちとの交流は、よい刺激となり、活動のモチベーションアップにもつながっていると話す。

「東京で活躍する先輩たちからも多くいて、僕自身も関東方面での展示が多い」と河内さん。ライフスタイル提案型のセレクトショップなどでも取り扱われる彼の作品は、実に現代風の面持ちで、若者にも人気なのだという。しかしながら、単に流行に乗ったとは言えない、独特の深みも併せ持つ。そこには、どんな想いが込められているのだろうか。



商品のストーリーはこちら

ページトップへ