HOME カートをみる マイページ ご利用案内 N Drive SHOPとは お問い合わせ
 
HOME > 中矢嘉貴(木工家・木もの NAKAYA)
木もの NAKAYA(こもの なかや)
富士山の麓、富士宮市に工房を構える中矢嘉貴さん。
中矢さんの器づくりに使用されるのは、主にヒノキや桜、ケヤキといった間伐材や台風による倒木など不要になった地元の木。通常、家具や木工の器には乾燥した木材を用いることが多い中、中矢さんは「生木」と呼ばれる乾燥前の木材を使用しています。伐採し、樹液を含んだ状態の木を一気に薄く削り込んで成形し、その後乾燥させることで、乾燥段階における独特の歪みが造形美となり、ダイナミックなフォルムを生み出すのです。
また、「生木」の作品とは対照的に、乾燥木材を用いるコーヒーフィルターホルダーなどのウッド小物には、大手企業の機械設計技師だったという異色の経歴を持つ中矢さんの、緻密な技術や実直な仕事が光ります。中矢さんや奥様の「日常生活の中で、こんなものがあったらいいな」という使い手の目線から生まれたアイテムは、磁石を巧みに用いるなど機能的で暮らしを楽しくしてくれます。

[N Drive 2号 ふじのたから 掲載作家]
商品のストーリーはこちら


木もの NAKAYA(こもの なかや)

木もの NAKAYA(こもの なかや)

商品一覧

説明付き / 写真のみ

1件〜33件 (全33件)

1件〜33件 (全33件)