HOME カートをみる マイページ ご利用案内 N Drive SHOPとは お問い合わせ
 

型染めの麻座布団 <蔦唐草>/ 山内武志さん(山内染色工房・アトリエぬいや) NEWpick up

山内染色工房 静岡・浜松

型染めの麻座布団 <蔦唐草>/ 山内武志さん(山内染色工房・アトリエぬいや)

価格:

18,843円 (税抜 17,130円)

購入数:

在庫

購入

柿渋に墨

在庫切れ

入荷連絡を希望
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

控えめな美に溢れ、日々をやさしく受け止める染めもの

型染めの座布団 型染めの座布団 型染めの座布団

山内武志さんの定番柄、蔦唐草の型染めを上質な麻に染め、ふんわりと仕上げました。1枚1枚手しごとで染められ、その後、浜松の布団職人さんにより丁寧に仕上げられています。

山内さんが描く唐草紋様は力強さと生命力に溢れ、見飽きぬ美しさを感じます。唐草は長寿と繁栄を願う吉祥紋様ですから、ギフトにもおすすめです。大切な人に、またご自分への贅沢なご褒美にして、くつろぎの時間をバージョンアップさせてみてはいかがでしょうか。渋い柿渋と墨の色合せがビンテージもののような上質な雰囲気を醸し、空間の控えめなアクセントになります。お気に入りの場所に一つぽん、と置くだけで日々をやさしく穏やかに彩ります。

さらさらとした麻の肌触りは上等の心地よさ。麻座布団の入荷は近年まれで、次回の入荷はいつになるかわかりません。
和のインテリアはもちろん、洋の空間にも合わせられ、長く愛用いただけます。



伝統文様とモダンデザインの融合

山内さんが生み出す布製品は、伝統的な型染めならではのやさしい肌ざわりや通気性の良さ、色の鮮やかさはそのままに、現代の暮らしにも馴染むモダンなデザインが魅力。
丸や四角を組み合わせた幾何学模様や伝統の和柄をアレンジしたぬくもり感あふれる柄は、つい手に取ってみたくなる愛らしさに満ちています。色とりどりの染め物たちが、暮らしを楽しく彩ってくれます。



■size:約55cm×59cm(手づくりの品ですので多少変わります)
■material:麻100% 真綿100% *ご使用後の打ちなおしも承ります(有料)
*昔ながらの麻織物ですので、甘撚りの糸となっています。結び糸などが出たり、 凸凹がありますのが、風合いとしてお楽しみいただください。

※汗や摩擦により色移りする場合があります。
※サイズは目安で、一枚一枚ばらつきがあります。
※手染めのため、画像との色の違いや色ムラがある場合があります。
※日光に長時間あたると、色あせが発生します。
※ふだんのお手入れは、水でかたくしぼったふきんでやさしくなでるように拭いていただければ、じゅうぶんキレイを保てます。タンブラー洗濯はなさらないでください。

型染めの麻座布団 <蔦唐草>/ 山内武志さん(山内染色工房・アトリエぬいや)

価格:

18,843円 (税抜 17,130円)

購入数:

在庫

購入

柿渋に墨

在庫切れ

入荷連絡を希望
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

商品のつくり手について

山内染色工房 From静岡県浜松市

伝統の型染めで生み出されるモダンな模様のテキスタイル

明治から大正時代にかけて、型染めの産地として知られていた浜松。天竜川を水源とした豊富な清水に恵まれ、山風が吹くこの地は、洗いと乾燥が鍵を握る染め物にとって絶好の場所です。この浜松で型紙づくり、染め、色止め、洗いなど気の遠くなるような作業を要する伝統的な型染めの技法を今も守り続けるのが、浜松に工房を構える染色家の山内武志さんです。
紺屋を営む家に生まれた山内さんは、人間国宝の染色家・故芹沢跽介氏に師事して技の研さんを積むと共に、感性に磨きをかけ、独自の世界観を確立させます。
「すべての工程がおろそかにできないんです」と語る通り、一つひとつの工程に対して、一切の妥協を挟まないそのていねいな手仕事ぶりには、伝統工芸を生み出した先人たちへの敬意と、浜松の染め文化に対する誇りが感じられます。
そんな山内さんが生み出す布製品は、伝統的な型染めならではのやさしい肌ざわりや通気性の良さ、色の鮮やかさはそのままに、現代の暮らしにも馴染むモダンなデザインが魅力。丸や四角を組み合わせた幾何学模様や伝統の和柄をアレンジしたぬくもり感あふれる柄は、つい手に取ってみたくなる愛らしさに満ちています。色とりどりの染め物たちが、暮らしを楽しく彩ってくれます。

[N Drive 創刊号 静岡いろは掲載店]

商品のストーリーはこちら

ページトップへ