HOME カートをみる マイページ ご利用案内 N Drive SHOPとは お問い合わせ
 

割引クーポン対象外【限定品】 型染めの手ぬぐい<野花>/山内武志さん(山内染色工房・アトリエぬいや)【ネコポス対応可】 NEWpick up

山内武志さん(山内染色工房/アトリエぬいや)静岡・浜松

割引クーポン対象外【限定品】 型染めの手ぬぐい<野花>/山内武志さん(山内染色工房・アトリエぬいや)【ネコポス対応可】

価格:

2,420円 (税抜 2,200円)

購入数:

color

在庫

購入

濃紺(のうこん)

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

可憐な野の花を型染めにした、絹のような肌ざわりの限定手ぬぐい

型染めの手ぬぐい山内武志さん(山内染色工房/アトリエぬいや)静岡・浜松 型染めの手ぬぐい山内武志さん(山内染色工房/アトリエぬいや)静岡・浜松


私たちが「野の花」と呼んでいるひし形模様の花。シンプルな文様ですが、野に咲く小さな草花の瑞瑞しい美しさや可憐さを感じさせる愛らしい手ぬぐいです。

ここでご紹介する【限定手ぬぐい】は、超細番手・120番の糸を使った非常に目の細かい生地に染められた手ぬぐい。現在の「徳岡生地」になる以前は、この細番手生地を使用されていましたが、機屋さんが廃業されてしまい生地がなくなってしまったのだとか。細番手の艶やかな光沢、柔らかな肌ざわりは、木綿というより絹のよう。さらさらとした肌触りは首に巻いたり、半襟にされる方も。型染めの色合いや模様もとても繊細に感じます。

アトリエぬいやさんで見かけるたびにお譲りいただき、少しずつ集めていたもの。ごく少量の限定品となります。 なお、現在は、和晒しの「徳岡生地」を使われていますが、これも手ぬぐい生地としては最上のもの。竿干し、二度晒しをされているそうですが、機械ではなく、自然に乾燥させる「竿干し」ができる加工場は年々減っています。
山内さんの工房では、その上に、呉服の染め工程のよな「砧打ち(きぬうち)」を施しているそう。
今も昔も手間を惜しまず仕上げられていることに変わりなく、山内武志さんの「ひとつのこともおろそかにしない」という真摯な姿勢に感動を覚えます。



伝統文様とモダンデザインの融合

きめの細かい上質の綿を使用した100センチ程ある少し長めの手ぬぐい。スカーフ替わりに首に巻くとさらりとした心地よい肌ざわりです。
ハンカチ、キッチンクロスとしても。贈り物を包んだり、ティッシュカバーとしても。お気に入りの柄なら、額装して飾ったり、2枚の手ぬぐいを縫い合わせて暖簾替わりにするのもおすすめです。アイデア次第でいろいろな使い方が楽しめます。

手ぬぐいへのこだわり

染める生地(織物)にも格別のこだわり、丁寧な仕事を施す山内武志さん。
手ぬぐい生地は、最上級の特岡生地を使用。和晒しに竿干しで仕上げられた生地を選んでいます。

「和晒し」は、大きな釜で、緩やかな水流により2~3日ゆっくりと時間をかけて焚きこみます。
そのため、生地にはストレスはかからず、柔らかな吸水性のよい晒に仕上がります。
その後、仕上げは手作業となる竿干し、その後二度晒しの加工を施しています。

丁寧に、手間をかけた生地を使うだけなく、工房でもさらにひと手間。
呉服の染め工程であるような砧打ちも最後の工程で施すそうです。

型染めの工程だけでも気の遠くなるような幾つもの工程を経ている、山内武志さんの染めもの。
生地選び、仕上げもこだわり抜いています。



■size:よこ約35cm×たて約106cm
■material:綿100%(120番細番手)

※人気の型は、何度も彫るため、写真の微妙に配置が変わ。
※一枚一枚手で染めているため、画像との色の違いや色ムラがある場合があります。
※汗や摩擦により色移りする場合があります。使用前にたっぷりの水で単独洗いをしてください。
※型染め手ぬぐいは引き染めで染めていますので、裏表があります。引き染めでは布を張るために伸子(しんし)を使うので、生地の耳に針の跡がありますが、洗濯することで徐々に目立たなくなります。
※サイズは目安で、一枚一枚ばらつきがあります。

割引クーポン対象外【限定品】 型染めの手ぬぐい<野花>/山内武志さん(山内染色工房・アトリエぬいや)【ネコポス対応可】

価格:

2,420円 (税抜 2,200円)

購入数:

color

在庫

購入

濃紺(のうこん)

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

商品のつくり手について

山内染色工房 From静岡県浜松市

伝統の型染めで生み出されるモダンな模様のテキスタイル

明治から大正時代にかけて、型染めの産地として知られていた浜松。天竜川を水源とした豊富な清水に恵まれ、山風が吹くこの地は、洗いと乾燥が鍵を握る染め物にとって絶好の場所です。この浜松で型紙づくり、染め、色止め、洗いなど気の遠くなるような作業を要する伝統的な型染めの技法を今も守り続けるのが、浜松に工房を構える染色家の山内武志さんです。
紺屋を営む家に生まれた山内さんは、人間国宝の染色家・故芹沢?介介氏に師事して技の研さんを積むと共に、感性に磨きをかけ、独自の世界観を確立させます。
「すべての工程がおろそかにできないんです」と語る通り、一つひとつの工程に対して、一切の妥協を挟まないそのていねいな手仕事ぶりには、伝統工芸を生み出した先人たちへの敬意と、浜松の染め文化に対する誇りが感じられます。

そんな山内さんが生み出す型染めはつい手に取ってみたくなる愛らしさに満ちています。色とりどりの染め物が、暮らしを楽しく彩ってくれます。

[N Drive 創刊号 静岡いろは掲載店]

商品のストーリーはこちら

ページトップへ